12-400
Last-modified: 2008-11-10 (月) 22:45:13 (4545d)

400 名前:一抹の希望[sage] 投稿日:2007/03/07(水) 00:34:19 ID:VBjdzdFW
ひゅー…ひゅー…

部屋には何やら不気味な風の音がしていた。しかしこの薄暗い部屋には窓が一つもない

ひゅー…ひゅー…

部屋に一つしかない扉も、今はその口を閉ざしている

ひゅー…ひゅー…

家具などが一才見当たらず、部屋には生活感というものが感じられない

「ひゅー…ふぃ…ふぅー…」

そんな所にシエスタはいた。
両手を縛られ天井から吊され、両足もそれぞれ閉じられないように拘束されている。
いつも着ているメイド服はその前を破られ、自慢の胸もちらりと顔をのぞかせている。
口には猿轡が施され、下半身に至っては何も着けていない。
それどころか身体中に鞭でうたれたような痣すらあった。
そんな中でもシエスタは時が止まればと思う。
何故なら……

ガチャッ
「おはよう。シエスタ……話してくれる気にはなったかね?」
宰相のマザリーニだった

「ひぃー……ひゅーー」

「おっと、すまないねぇ、そんなのしてたら話せないか」

マザリーニはくくくっと笑うと、呪文を唱えてシエスタの猿轡を外した。

「はぁ…はぁ…。サイトさん達が何処に行ったかなんて知りませんし、知ってても貴方になんか……」
シエスタは睨みつける

「おやおや…。昨日あれだけのことをされて、まだ知らないふりですか…」

先日、サイト達はガリアへと出発した。(正確には脱獄だが)
そんなことは知らないシエスタは何時ものようにご主人様(サイト)とそのオマケ(ルイズ)を待っていた。
しかし、やって来たのは役人であった。
王宮へと連れていかれたシエスタは取り調べをうけたが、全く喋らない。
それを見たマザリーニが自室に連れてきて独自の取り調べをしているのである。

401 名前:一抹の希望[sage] 投稿日:2007/03/07(水) 00:35:54 ID:VBjdzdFW
(まぁ、ここで喋ってもらっても興ざめですが……)
マザリーニはいやらしい笑みをうかべる。

「仕方がありませんねぇ、それでは取り調べを続けますか」

マザリーニは呪文を唱えシエスタの足元に解放する
すると地面がみるみる内に形を変えていく。そしてシエスタは自分の体重を秘処で支えることになった。
要するに地面が俗にいう三角木馬となってしまったのだ

「ふぁ?」

「今日は趣向を変えていきましょう。鞭でうつのは可哀想になったんで」

(昨日まであれだけ喜んでたくせに……)

「くぅ…………」

シエスタは足を閉じて踏ん張ろうとするが両足を拘束され思うように体が動かない。

くちゅっ……くちゅ…

代りにシエスタの割れ目は三角木馬の刺激により濡れ始めていた。
(うぅぅ……サイトさん……助けて!!)
もう何度目かも分からない心の叫びだった。

「おやぁ?もう感じてしまっているんですか?」

「そんなことありません!!」

マザリーニの笑みに寒気すらするシエスタ
しかし彼女の秘処は休むことなく快感の証拠を出し続ける

くちゅり……

「嘘つきですねぇ…あそこからそれだけ愛液を垂らしといて」

「くぅ………負け…ません」

心の中でいくら思っても、体は反応してしまう。シエスタはこの時ほど自分の体を呪った日はなかった。

(サイトさん……)

快感に体をよじらせると秘処が擦れる。擦れると快感を生み体が動いてしまう。

「ふぁ〜〜!」

くちゅくちゅ……

(助けて……!!)

402 名前:一抹の希望[sage] 投稿日:2007/03/07(水) 00:37:41 ID:VBjdzdFW
しかし当然終わるわけがない

「ふぅ。仕方ありませんね、手伝ってあげましょう。」

そう言うとマザリーニは自らにレビテーションをかけシエスタの背後へとまわる

(み…見えない、何するの!!)
むにゅ

「いやぁ、やめて……!」

脇から手を出すと果実をいじり始めた。

(手が動かないから……防げない!?)

「いやぁ、両手を挙げてもこのボリューム……スバラシイですね」
むにゅ、むにゅ

マザリーニの手の中でシエスタの果実が変幻自在に形を変える。

「はぁん……ふぁ……」

シエスタはじっと堪えようとする
しかし、我慢すると自然と自分の胸が形を変える様子が目に入り、更に淫らな気持ちになってしまう。

むにむに

揉み方も強くなく、純粋な快楽の波がシエスタを襲う

「ふふふ♪先端が起ってきましたよ。どうしたんですかねぇ」

(くぅぅうう……)

シエスタはマザリーニの手から逃れようとするが

「はぁん!」

その動きすらも秘処には快楽となってしまう。

むにゅむにゅ……

くちゅり…くちゅり……

シエスタは最も酷い快楽への蟻地獄へと嵌ってしまっていた。

「はぁ……ふぁん!……ふぅ、くうぅぅ!!」

(何時間……たったんでしょうか……?)
シエスタにとっては永遠とも思える時間。

「まだ喋ってくれませんか……それでは」
マザリーニはシエスタの胸から名残惜しそうに手を離す

(やっと……解放される?)

しかし淡い期待は破られる
マザリーニはポソっと短く呪文を唱え三角木馬を消した。しかし、

403 名前:一抹の希望[sage] 投稿日:2007/03/07(水) 00:41:19 ID:VBjdzdFW
「次は此方に聞いてみましょうか」

と言うと、いつの間に出しただろうか、自らの肉棒を
シエスタの既に男を待ちきれずにいる秘処へと埋めていった。

ぢゅぷ

「はぁぁぁぁぁぁあああ!!!!」

「あれぇ?挿れただけでイッてしまったんですか?」

(嫌なのに、いやなのにぃぃ!!)
哀しきは女の性か、シエスタのそこはオトコをくわえ込むと嬉しそうに締め付けた

「昨日の今日なのでっ……ゆるゆるかとっ……思いましたがっ
……私のモノを掴んで離しませんよっ!!」

ぐちゅっ…ぐちゅっ

オトコをくわえ込む音とパンパンという肉と肉がぶつかる音がシエスタの心を更に汚していく

「いやなのに……感じちゃダメなのにぃ……はぁぁ〜ん!」

ぢゅぷ、ぢゅぷ
シエスタの胸も痛いのではと思う程に上下に揺れる

「おっぱいも……こんなに揺れていると、むしゃぶりつきたくなりますなぁ!」

マザリーニの口がシエスタの胸に吸い込まれていく。

ちゅ〜ちゅ〜

「あぁんっ!だめっ!吸わないでぇぇぇぇ!!」

シエスタのおっぱいは昨日の魔法の後遺症か、母乳がでるようになっていた。

「ん〜〜♪なかなかよいお味で…」
無駄に敬語を使いながら、空いた方の胸も搾りとるような勢いでもんでいく

「いやぁ!でちゃうぅぅ〜!」

びゅっ!びゅっ!
自らが出したミルクにより胸やお腹が汚れていく…

404 名前:一抹の希望[sage] 投稿日:2007/03/07(水) 00:43:11 ID:VBjdzdFW
ぢゅぽ…ぢゅぽ

「ひゃっ!!あっ!!ふぁぁ!」
シエスタは両方の胸からミルクを出しながらイキつづけた。

下のお口はその度に貪欲に収縮をくりかえす

びゅぷ…ぢゅぽ…じゅぶ…ぢゃぷん!

「さぁて……そろそろ貴方にも濃いミルクを飲ませてあげますよ!」

「ひぁっ、ら、らめぇ!いゃっ!出さないれぇ!!」

「たくさん飲んで下さいっ!!イキますよぉ!」

びゅっ、びゅ〜〜!!

「くっ、あぁあああぁぁっ!!!」
多量な灼熱の白濁液がシエスタの奥を打ち付け、絶頂ってしまった。
びくんびくんと何度も痙攣を繰り返すシエスタの中は、まるで美味しそうに子種を飲んでいるかのようだ。

暫く快楽の余韻に浸っていたマザリーニは、にゅぷっと自らの半身を取り出す
シエスタの中からは白濁液が溢れてきた

「喋ってくれないとは、残念です。また明日会いましょう」
マザリーニは部屋を出ていった。

また、シエスタは独りで犯されるのを待つことになる
だがそんなシエスタの目にも僅かに光があった

(サイトさん……ゴメンナサイ…私、こんなに汚れてしまいました……。)

シエスタの目から想いが溢れる

(こんなになっても……私、貴方のことが忘れられないんですよ……。
笑っちゃいますよね。)

(こんなに汚れてしまった私でも……
サイトさんなら抱きしめてくれるんじゃないかって)

(私の常識を変えてくれた貴方なら、私を助けてくれる……。)

(汚された私も……綺麗にしてくれるって……信じてます)

(だから、もう少しだけ…頑張ってみますね)

「サイトさん……大好きです」
そう言うと疲れていたのか、シエスタは眠りについた。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-10 (月) 22:45:13 (4545d)

PC用眼鏡【管理人も使ってますがマジで疲れません】 解約手数料0円【あしたでんき】 Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 ふるさと納税 海外旅行保険が無料! 海外ホテル