X01-02
Last-modified: 2008-11-10 (月) 23:01:29 (4545d)

『トリステイン戦隊ゼロファイブ』

「ヨーイ! スタート!」
才人は椅子に座ったまま周囲に声を掛けた。
スタッフに緊張が走り、役者が一斉に演技を始める。

「これ以上の悪事は許しませんよ!」
アンリエッタが悪役に向かい抵抗の声を上げる。
「ふふふ…お前ごとき小娘一人に何が出来るというのだ?!はっはっは!」
部下を従えた悪役のワルドが高らかに笑う。

「よ〜しいいぞ、ここまではOK!」
スタッフの間には更に緊張が走る。
「効果!準備出来てるな?」
「はい!バッチリです」

才人がタイミングを計り指示を飛ばす。役者のセリフが続く。

「私を見くびって貰っては困ります!」
「ふん、小娘の悪あがきか?!面白い」
「さぁ!今です皆さん!!!」

効果担当がスイッチを入れると俳優の背後に五色の爆煙が上がる。

「な、何ぃ?」
「ここに誘い込まれたのは…実はアナタの方!覚悟しなさい!」

「ハイ!オッケー!」
スタッフと役者から緊張が解ける。
「一応カメラチェックね〜」
才人とスタッフがモニターを覗き込み入念にチェックをする。
「あの…私…上手に出来たでしょうか?」
気が付けばアンリエッタが背後から心配そうに覗き込んでいた。
「うんバッチリ!大丈夫!上手く出来てたよ♪」
「よかったぁ〜♪」
才人はスタッフと一言二言打ち合わせをした後…周囲に向かい叫んだ。
「それじゃ続きのシーン、このままいきま〜す!」
その声を聞いたスタッフと役者は、緊張しながら配置に付いた。

役者達は入念にスタッフと打ち合わせをしていた。
「いいですか?絶対にこの印の後ろには行かないで下さい」
「はい」
「大きな爆煙ですが印より前には飛ばない様になってます」
「わかりました」
「で、決めのポーズの立ち位置は…アソコでお願いします」
「あの線ですね?」
「そうです!では合図でお願いします」
「はい、わかりました」
悪役のワルドも同様に打ち合わせをしていた。アンリエッタは化粧直し…
とは言っても逆に「汚し」を入れる化粧直しではあったが。

指示が行き渡った事を確認すると、才人は再び椅子に腰を下ろした。
周囲のスタッフが位置に付いている事を確認すると…
「ヨーイ! スタート!」

ワルドのセリフからである。
「いったい何事だぁ!?」

カメラが、配置に付いた各役者をUPで映し出す。

「魅惑の香水!ゼロイエロー!」
背後で黄色い爆煙が上がる。スタッフから「よし!」と声が漏れる。

「大地の使い!ゼログリーン!」
背後で緑の爆煙が上がる。スタッフからは「OK!」と声が漏れる。

「沈黙の雪風!ゼロブルー!」
背後で青い爆煙が上がる。スタッフからは「順調だ!」と声が漏れる。

「微熱の女神!ゼロレッド!」
背後で赤い爆煙が上がる。スタッフからは「決まった!」と声が漏れる。

「きょみゅにょ…」
背後でピンクの煙がぽふっと!小さく上がる…不発。
スタッフからは「噛んだな?!」「あぁ噛んだな」と声が漏れた。

「カット!カァーット!」
才人が撮影中断の声を上げた。

  • 思いつきで書いてみただけ・・・。
    …面白そうだから…続けてみるか…な?
    最近・・・

最終的には・・・

アルビオン=ティファニア→才人
カトレア→才人(ロマリア担い手死亡でジュリオ契約切れ)
トリステイン=ルイズ→才人
ガリア=タバサ(ジョゼフ死亡)→才人(シェフィールド契約切れ)

で両手・額・胸にルーンを刻んだハーレムENDの究極体に!

なんて妄想ストーリーにふけっていたりいなかったり。

「ヨーイ! スタート!」
才人は椅子に座ったまま周囲に声を掛けた。
スタッフに緊張が走り、役者が一斉に演技を始める。

「これ以上の悪事は許しませんよ!」
アンリエッタが悪役に向かい抵抗の声を上げる。
「ふふふ…お前ごとき小娘一人に何が出来るというのだ?!はっはっは!」
部下を従えた悪役のワルドが高らかに笑う。

「よ〜しいいぞ、ここまではOK!」
スタッフの間には更に緊張が走る。
「効果!準備出来てるな?」
「はい!バッチリです」

才人がタイミングを計り指示を飛ばす。役者のセリフが続く。

「私を見くびって貰っては困ります!」
「ふん、小娘の悪あがきか?!面白い」
「さぁ!今です皆さん!!!」

効果担当がスイッチを入れると俳優の背後に五色の爆煙が上がる。

「な、何ぃ?」
「ここに誘い込まれたのは…実はアナタの方!覚悟しなさい!」

「ハイ!オッケー!」
スタッフと役者から緊張が解ける。
「一応カメラチェックね〜」
才人とスタッフがモニターを覗き込み入念にチェックをする。
「あの…私…上手に出来たでしょうか?」
気が付けばアンリエッタが背後から心配そうに覗き込んでいた。
「うんバッチリ!大丈夫!上手く出来てたよ♪」
「よかったぁ〜♪」
才人はスタッフと一言二言打ち合わせをした後…周囲に向かい叫んだ。
「それじゃ続きのシーン、このままいきま〜す!」
その声を聞いたスタッフと役者は、緊張しながら配置に付いた。

役者達は入念にスタッフと打ち合わせをしていた。
「いいですか?絶対にこの印の後ろには行かないで下さい」
「はい」
「大きな爆煙ですが印より前には飛ばない様になってます」
「わかりました」
「で、決めのポーズの立ち位置は…アソコでお願いします」
「あの線ですね?」
「そうです!では合図でお願いします」
「はい、わかりました」
悪役のワルドも同様に打ち合わせをしていた。アンリエッタは化粧直し…
とは言っても逆に「汚し」を入れる化粧直しではあったが。

指示が行き渡った事を確認すると、才人は再び椅子に腰を下ろした。
周囲のスタッフが位置に付いている事を確認すると…
「ヨーイ! スタート!」

ワルドのセリフからである。
「いったい何事だぁ!?」

カメラが、配置に付いた各役者をUPで映し出す。

「魅惑の香水!ゼロイエロー!」
背後で黄色い爆煙が上がる。スタッフから「よし!」と声が漏れる。

「大地の使い!ゼログリーン!」
背後で緑の爆煙が上がる。スタッフからは「OK!」と声が漏れる。

「沈黙の雪風!ゼロブルー!」
背後で青い爆煙が上がる。スタッフからは「順調だ!」と声が漏れる。

「微熱の女神!ゼロレッド!」
背後で赤い爆煙が上がる。スタッフからは「決まった!」と声が漏れる。

「きょみゅにょ…」
背後でピンクの煙がぽふっと!小さく上がる…不発。
スタッフからは「噛んだな?!」「あぁ噛んだな」と声が漏れた。

「カット!カァーット!」
才人が撮影中断の声を上げた。

  • 思いつきで書いてみただけ・・・。
    …面白そうだから…続けてみるか…な?
    最近・・・

最終的には・・・

アルビオン=ティファニア→才人
カトレア→才人(ロマリア担い手死亡でジュリオ契約切れ)
トリステイン=ルイズ→才人
ガリア=タバサ(ジョゼフ死亡)→才人(シェフィールド契約切れ)

で両手・額・胸にルーンを刻んだハーレムENDの究極体に!

なんて妄想ストーリーにふけっていたりいなかったり。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-10 (月) 23:01:29 (4545d)

Gポイントポイ活 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] 海外格安航空券 海外旅行保険が無料!